対人コンテンツ向けのルーン速度厳選から練磨までのポイント

 

巨人のダンジョンを周回することで

迅速や絶望のルーンの速度厳選をしていくことは、

対人コンテンツにおいて非常に重要な部分ですね。

 

巨人のダンジョン周回をし始めた頃から

高速周回をできるようになった頃まで

常に速度厳選はしていくものですが、

 

対人コンテンツ向けに速度厳選をしていくには

サブオプションの初期値・上昇幅を少し理解し、

 

必要以上のルーン強化や練磨を控えて

ひたすら巨人周回に時間を費やすべきです。

 

 

ルーンの速度厳選から練磨をする際の参考に

して頂ければと思います。

 

 

■サブオプピンポイント厳選は

かなりの時間が必要

 

ルーンのサブオプションは

入手した時点でランダムで初期値が決まり、

 

サブオプション強化時にも

ランダムで上昇幅が決まりますね。

 

初期値と上昇幅の詳細を確認したい時には

こちらのページからどうぞ

↓ ↓

サブオプション初期値と上昇幅

 

 

星5ルーンのサブオプション速度は

3~5の初期値と上昇幅で

 

星6ルーンは

4~6の初期値と上昇幅ですね。

 

1プレイヤーの自分だけで考えると

初期値も上昇幅も

高ければ高いほど良いだけですが、

 

対人コンテンツ向けに考えた場合には

強化後にどの程度の速度があるものが貴重なのか

が大切になります。

 

速度だけ上がってほしいという

ピンポイントな厳選は非常にきついですが、

他プレイヤーも同じようにきついはずですね。

 

実際にどの程度速度があれば

速度勝ちできる相手が増えてくるのか

具体的に少し書いていきます。

 

 

■サブオプの速度厳選は

どの程度必要なのか

 

運が良い人や長期的に鬼周回をしている人は

かなり速度数値の高いルーンを持っていますが

そういう人達には勝てないものですよね。

 

なかなか都合よく入手できるものではない

というのが多くのプレイヤーです。

 

星5ルーンの方が星6ルーンよりも

入手機会は多いので、

ヒーローやレジェンドルーンを

強化する機会も増えます。

 

ですが、初期値5だとして

ルーン強化時に5上昇が続くことも少なく、

都合よく速度が強化されることも少ないですね。

 

星5ルーンの場合には

速度+15を超えることが少ないので、

他プレイヤーでも持っている人の

割合が低くなっています。

 

 

星6ルーンの速度厳選をする場合には

さらに入手機会が下がりますね。

 

星6の場合には、レア以上のルーンから

速度厳選をしている人が多く、

初期値も上昇幅も平均的に考えると5なので

これも+15を超えることが難しくなっています。

 

 

星5にしても星6にしても

入手機会と上昇幅から見ると、

 

多くのプレイヤーは

速度+15を超えることが難しい

ということになりますので、

 

+15前後やそれを超えたルーンを入手していって

それを練磨していくことで

速度勝ちできる相手が増えると言えます。

 

※その次の段階は+20超えくらいでしょう・・。

 

 

速度を伸ばすには周回を重ねることと

運の良さしかないですが

 

速度の速さは、攻め・防衛ともに

対人コンテンツを楽しむための

 

重要な要素の一つなので

しっかり伸ばしていきたいですね。

 

 

こんな記事もよく読まれています:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2016 07.05

    暴走のルーン

  2. 2016 06.13

    果報のルーン

  3. 2016 06.10

    意志のルーン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめカテゴリー記事

登録されている記事はございません。